スーパーPフォースでEDと早漏を同時治療

スーパーPフォース服用者のサイトです。昔からずっと早漏が悩みで性行為に明るい気持ちになれず、そのせいか最近勃起が持続しなくなってきて困っていました。スーパーPフォースを買ってから大分改善されたので体験記のつもりで記事更新中。

パソコンの前でくたくたになっている男性の画像

心因性の射精障害は改善が困難

射精障害とは性機能障害のうち、勃起が問題なく可能であるにも関わらず、正常な射精の行えない症状のことを指します。
早漏だけではなく逆に意志に反してなかなか射精に至らない遅漏や、自慰では射精するにも関わらず膣内では射精障害がおきる場合も含まれます。

原因として身体の機能に問題があるもの、手術の後遺症や病気の治療で服用している薬の副作用もありますが、神経や精神的な要素が原因の射精障害もあります。

心因性の射精障害の原因として、恋人に「短小」などと言われてしまったことからこれがトラウマになって射精障害になっている場合があります。
また仕事の精神的な疲労などによっておきる様々なストレスも原因となることもあります。
ほかにも女性に慣れていないため、いざ行為に及ぼうとすると過剰に緊張してしまうケースもあります。

また治療を難しくしているものとしてそれが深層心因の場合があります。
この場合、自分でも何が原因なのかわかりません。
幼少期のトラウマが原因になっていることも多いです。

心因性障害の場合もスーパーPフォースなどの勃起不全と早漏を治療する薬が有効である場合があります。
治療薬によって勃起を正常に持続させることができれば、自分に自信をつけさせることができるからです。

自信を回復させるためにもスーパーPフォースは正しい方法で使用する必要があります。
そうしないと充分な効果が得られません。
スーパーPフォースは行為の1時間前に服用し、そのときはできるだけ空腹時が望ましいです。
満腹時や飲酒しているに薬を飲んでも効果が半減してしまいます。
これでは心因性の射精障害を改善するために必要な、自分自身の自信の回復にもつながりません。